【新馬/中山3R】ピュアジャッジが人気に応えてデビューV

(C)スポニチ

 5日、中山競馬場で行われた3R・3歳新馬戦(ダ1800m)で1番人気、松山弘平騎乗、ピュアジャッジ(牡3・栗東・清水久詞)が快勝した。2.1/2馬身差の2着に2番人気のスクリーンプロセス(牡3・美浦・中川公成)、3着にショウナンカホウ(牡3・美浦・国枝栄)が入った。勝ちタイムは1:57.6(良)。

【中山1R】田辺裕信騎乗のラストサムライが初笑い

ホッコータルマエ産駒

 1番人気に支持された松山弘平騎乗、ピュアジャッジが嬉しいデビューVを飾った。好スタート好ダッシュを決めて先手を奪うと、前半1000mを67.3のスローに落として主導権を握った。終始マイペースでレースを運び直線を迎えると、後続を2馬身半ちぎっての完勝。楽々逃げ切りを決めた。

ピュアジャッジ 1戦1勝
(牡3・栗東・清水久詞)
父:ホッコータルマエ
母:ピュアアイズ
母父:ネオユニヴァース
馬主:山際牧場
生産者:山際牧場