【万葉S】ナムラドノヴァンが格上戦を制する

(C)Yushi Machida

 5日、中京競馬場で行われた10R・万葉ステークス(4歳上オープン・ハンデ・芝3000m)で7番人気、高倉稜騎乗、ナムラドノヴァン(牡6・栗東・杉山晴紀)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にレイホーロマンス(牝8・栗東・橋田満)、3着にタイセイトレイル(牡6・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは3:03.9(良)。

 1番人気で藤岡佑介騎乗、ブラックホール(牡4・美浦・相沢郁)は8着、2番人気で福永祐一騎乗、アンティシペイト(牡4・美浦・国枝栄)は4着敗退。

【中京6R】ノヴェリスト産駒 タガノガイが2勝目

ディープブリランテ産駒

 7番人気に支持された高倉稜騎乗、ナムラドノヴァンが格上挑戦に成功、見事に最後方から差し切った。道中は最後方から向正面で自ら動いていき堂々の差し切りV。軽ハンデを生かした走りを見せた。鞍上の高倉稜騎手は1レースに続いて2勝目。

ナムラドノヴァン 18戦4勝
(牡6・栗東・杉山晴紀)
父:ディープブリランテ
母:パンカティリオ
母父:Kingmambo
馬主:奈村信重
生産者:いとう牧場