【ターコイズS】柴田大「今日は満点」スマイルカナが重賞2勝目

(C)スポニチ

 19日、中山競馬場で行われたG3・ターコイズステークスは、1番人気に支持されたスマイルカナが3番手から抜け出して見事に押し切った。内から鋭く伸びてきた2着馬の追撃をハナ差振り切った。

ターコイズステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 スマイルカナ
柴田大知騎手
「ここの所だいぶ調教でも落ち着いて走っているようになってきて、折り合いも良かったので、今日は本当に満点ですね。100点の競馬をしています。(追い出してからの感じも)バッチリですね。すごく反応したので、内からあれだけ迫られたので、最後ちょっとヒヤッとしましたけども、本当に偉い馬です。良かったです。長く使われているんですけども、使われる度にパワーアップして、馬が元気で、こっちが逆に頭が下がる感じですね。前走の中山でハナ差で負けたのが頭にちょっとチラついて、大丈夫かなってちょっと不安になりましたけど、今度はハナ差で勝てて良かったです。これで賞金も加算出来ますし、この後来年が楽しみですね。中々勝てそうで勝てないレースが続いていて人気を裏切ってしまっていたんですけれども、ようやくここで結果を出せてホッとしました。これからも頑張ってくれると思いますので、長く応援してください。よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 19日、中山競馬場で行われた11R・ターコイズステークス(G3・3歳上オープン・牝・ハンデ・芝1600m)で1番人気、柴田大知騎乗、スマイルカナ(牝3・美浦・高橋祥泰)が勝利した。ハナ差の2着に3番人気のアンドラステ(牝4・栗東・中内田充正)、3着にフェアリーポルカ(牝4・栗東・西村真幸)が入った。勝ちタイムは1:34.6(良)。

 2番人気で吉田隼人騎乗、ランブリングアレー(牝4・栗東・友道康夫)は、7着敗退。

【朝日杯FS】枠順と見所 ステラヴェローチェ4枠7番

重賞2勝目

 1番人気に支持された柴田大知騎乗、スマイルカナが嬉しい重賞2勝目をマークした。行きたい馬が何頭かいる中で、スタートから落ち着いて3番手の位置で折り合いをつけると、手応え良く直線の攻防へ。坂下から一気に抜け出しを図り、ラストは内から来たアンドラステとの一騎打ちをハナ差制しての勝利だった。

スマイルカナ 12戦5勝
(牝3・美浦・高橋祥泰)
父:ディープインパクト
母:エーシンクールディ
母父:Distorted Humor
馬主:岡田繁幸
生産者:木田牧場

【全着順】
1着 スマイルカナ
2着 アンドラステ
3着 フェアリーポルカ
4着 シーズンズギフト
5着 ビッククインバイオ
6着 インターミッション
7着 ランブリングアレー
8着 スイープセレリタス
9着 シャインガーネット
10着 ドナウデルタ
11着 レッドレグナント
12着 クリスティ
13着 アロハリリー
14着 サンクテュエール
15着 モルフェオルフェ
16着 トロワゼトワル