【ひいらぎ賞】キングマン産駒 シュネルマイスターがデビュー2連勝

 19日、中山競馬場で行われた9R・ひいらぎ賞(2歳1勝クラス・500万下・芝1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、シュネルマイスター(牡2・美浦・手塚貴久)が快勝した。3馬身差の2着にワザモノ(牡2・美浦・尾関知人)、3着に2番人気のアラビアンナイト(牝2・美浦・田村康仁)が入った。勝ちタイムは1:35.8(良)。

【新馬/中山6R】サッビアマーゴが人気に応えてデビューV

単勝1.9倍の支持

 断然の1番人気に支持されたルメール騎乗、シュネルマイスターがデビュー2連勝を飾った。道中は中団の内目を追走して3コーナー過ぎから徐々に進出を開始。直線では馬群の間から抜け出しを図るとあっという間に先頭に立ち、3馬身差の完勝。馬体重は+14キロと余裕ある格好にも見えたが、このメンバーでは明らかに能力が違い、まだまだ上のクラスでも活躍出来そうな勝ちっぷりを見せた。

シュネルマイスター 2戦2勝
(牡2・美浦・手塚貴久)
父:Kingman
母:Serienholde
母父:Soldier Hollow
馬主:サンデーレーシング
生産者:Northern Farm