【新馬/阪神6R】ペプチドサンライズが8馬身差圧勝!デビューV

 19日、阪神競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(ダ1200m)で1番人気、古川吉洋騎乗、ペプチドサンライズ(牡2・栗東・木原一良・担当装蹄師/西内荘)が快勝した。8馬身差の2着にサンライズアポロン(牡2・栗東・浜田多実雄)、3着にオオシマアジサイ(牝2・栗東・高橋裕)が入った。勝ちタイムは1:13.9(良)。

 2番人気で岩田康誠騎乗、ティーグランパ(牡2・栗東・五十嵐忠男)は、4着敗退。

【新馬/阪神5R】武豊エリザベスタワーがデビューV

ディープブリランテ産駒

 1番人気に支持された古川吉洋騎乗、ペプチドサンライズが嬉しいデビューVを飾った。スタートからダッシュ良く飛び出していき主導権を握ると、そのままの隊列で勝負どころを迎えた。直線の攻防でも脚色衰えることなく後続をグングン突き放していき、終わってみれば8馬身差と力の違いを見せつけた。

ペプチドサンライズ 1戦1勝
(牡2・栗東・木原一良・担当装蹄師/西内荘)
父:ディープブリランテ
母:ペプチドヴィーナス
母父:ワークフォース
馬主:沼川一彦
生産者:ファーミングヤナキタ