【りんくうS】ジェネティクスがオープン初勝利

 6日、阪神競馬場で行われた11R・りんくうステークス(3歳上オープン・ダ1200m)で1番人気、吉田隼人騎乗、ジェネティクス(牡3・栗東・西村真幸)が勝利した。ハナ差の2着にレシプロケイト(牡4・栗東・鮫島一歩)、3着にコパノフィーリング(牝3・栗東・宮徹)が入った。勝ちタイムは1:10.7(良)。

 2番人気で坂井瑠星騎乗、ロードラズライト(せん5・栗東・浅見秀一)は、5着敗退。

【さざんか賞】テイエムトッキュウがロケットスタートを決めて逃げ切る

サウスヴィグラス産駒

 1番人気に支持された吉田隼人騎乗、ジェネティクスがオープンクラス初勝利を飾った。好スタート好ダッシュを決めてレースの主導権を握ると、軽快なスピードを見せて隊列を引っ張った。直線の攻防ではしぶとく粘り込み、ゴール寸前で強襲したレシプロケイトをハナ差凌いでの勝利だった。

ジェネティクス 8戦5勝
(牡3・栗東・西村真幸)
父:サウスヴィグラス
母:ソラコマチ
母父:サクラバクシンオー
馬主:キャロットファーム
生産者:村上牧場