【中山4R】ピースマッチングが9馬身差の大勝

 5日、中山競馬場で行われた4R・2歳未勝利(ダ1800m)で1番人気、C.ルメール騎乗、ピースマッチング(牡2・美浦・斎藤誠)が快勝した。9馬身差の2着にマイネルタイムリー(牡2・美浦・清水英克)、3着にローズボウル(牡2・美浦・林徹)が入った。勝ちタイムは1:54.1(稍重)。

 2番人気で戸崎圭太騎乗、ナックイルシーブ(牡2・美浦・杉浦宏昭)は、6着敗退。

【阪神7R】武豊 ジェットマックスが2勝目をマーク

スウェプトオーヴァーボード産駒

 断然の1番人気に支持されたルメール騎乗、ピースマッチングが9馬身差の圧勝を決めた。道中はロスなく先行集団のインで流れに乗ると、スムーズに勝負どころから外へ持ち出した。直線半ばから力強い脚取りで抜け出し、後続をグングン離しての完勝だった。

ピースマッチング 4戦1勝
(牡2・美浦・斎藤誠)
父:スウェプトオーヴァーボード
母:アンコールピース
母父:ネオユニヴァース
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム