【チャレンジC】川田「血が騒ぎ出した」レイパパレが無傷の5連勝

(C)スポニチ

 5日、阪神競馬場で行われたG3・チャレンジカップは、断然の人気に支持されたレイパパレが完勝。早め先頭から後続の追撃を許さず見事に押し切った。

チャレンジカップ、勝利ジョッキーコメント
1着 レイパパレ
川田将雅騎手
「返し馬からかなり気持ちが入り過ぎてしまっていて、お兄さんやお母さんの血が騒ぎだしたなと思うくらいの雰囲気で競馬を迎えていましたので、何とか我慢させようと言い聞かせながらの道中でした。能力が非常に高いのは間違いないと思いますが、やはりどうしてもレースにおいてのコントロールというのが非常に難しくなってきていますので、距離も今日は2000m勝てはしましたが、その辺の対応というのも非常にこれからの課題になってくるなと思います。もう少し穏やかに走れるようにそういう競馬を覚えていければと思うので、無事に一歩一歩コントロールがきいた中での競馬が出来ていければと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5日、阪神競馬場で行われた11R・チャレンジカップ(G3・3歳上オープン・芝2000m)で1番人気、川田将雅騎乗、レイパパレ(牝3・栗東・高野友和)が快勝した。1.1/2馬身差の2着に2番人気のブラヴァス(牡4・栗東・友道康夫)、3着に3番人気のヒンドゥタイムズ(牡4・栗東・斉藤崇史)が入った。勝ちタイムは1:59.9(良)。

【ステイヤーズS】横山典「プラン通り」オセアグレイトが重賞初V

早め先頭から押し切る

 断然の人気に支持された川田将雅騎乗のレイパパレが無傷の5連勝を決めた。スタートからややかかり気味でヒヤッとする場面も見られたが、2番手の位置でじっと我慢して展開。勝負どころから早め先頭、強気の競馬で直線を迎えると、最後まで脚色衰えることなく力で押し切った。

レイパパレ 5戦5勝
(牝3・栗東・高野友和)
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レイパパレ
2着 ブラヴァス
3着 ヒンドゥタイムズ
4着 サトノクロニクル
5着 ジェネラーレウーノ
6着 ナイママ
7着 セントウル
8着 ロードクエスト
9着 エヒト
10着 キングニミッツ
11着 トーアライジン