【ジャパンC】ルメール「さよならパーティーでした(笑)」アーモンドアイが有終の美

(C)Yushi Machida

 29日、東京競馬場で行われたG1・ジャパンカップは、このレースで引退を表明しているアーモンドアイが三冠馬対決を制して見事にラストランを飾った。
2着に2番人気のコントレイル、3着に3番人気のデアリングタクトが入り、順当に上位人気が馬券圏内に入った。

ジャパンカップ、勝利ジョッキーコメント
1着 アーモンドアイ
C.ルメール騎手
「すごく嬉しいです。もう1回G1を勝つことが出来たし、改めてアーモンドアイでG1を勝つことが出来たし関心しますね。アーモンドアイは引退レースでジャパンカップを勝って無事に帰ってきました。一番嬉しいです。ずっとエンジョイしていました。いつもアーモンドアイに乗るときは特別ですね。返し馬とかスタート前とかとてもプロフェッショナルでした。今回は(涙は)多分ないね。前回は天皇賞で新記録のレースだったのでやっぱりプレッシャーがありました。今回はさよならパーティーでしたね(笑)。今回も素晴らしい脚を使ってくれました。絶対に日本で一番強い馬です。それが嬉しいです。彼女に感謝したいです。3年間で大きなレースを勝ちましたし、大きな感動を貰いましたから、本当に彼女に感謝したいし、ありがとうございますと言いたいです。ファンの皆さんが今日アーモンドアイの引退レースで応援してくれて本当にありがとうございます。アーモンドアイはこれから牧場に行って子供をつくります。またアーモンドアイの子供を応援してください。ありがとうございました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11月29日、東京12Rで行われた第40回ジャパンカップ(3歳上オープン・G1・芝2400m・15頭立て・1着賞金=3億円)は、C.ルメール騎乗の1番人気、アーモンドアイ(牝5歳・美浦・国枝栄)が勝利。同馬はこのレースで引退を表明しており、芝G1、9勝目をマーク、見事に有終の美を飾った。勝ちタイムは2分23秒0(良)。

 また、アーモンドアイはこれまでJRAで12億1632万9000円、海外で3億9570万900円を獲得しており、この勝利で3億円を加算。19億円超えを達成して、歴代1位のキタサンブラック(18億7684万3000円)を抜き、総獲得賞金ランキングで1位となった。

 2着はコントレイル(2番人気)、3着にはデアリングタクト(3人気)が入った。

【ジャパンC】国枝師「子供達も応援していただければ」アーモンドアイが芝G1・9勝目

ラストランを勝利

【ジャパンC】ルメール「さよならパーティーでした(笑)」アーモンドアイが有終の美
(C)Yushi Machida

 アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、史上初めて3頭の三冠馬が激突した歴史的一戦を制したのは、このレースで引退を表明しているアーモンドアイだった。レースではキセキが10馬身以上の大逃げを見せる乱ペースに。それでもアーモンドアイとルメール騎手は慌てることなく直線の攻防を迎えると、馬場の三分どころから抜け出しを図り、ラスト1ハロン付近から先頭に立って危なげなく押し切った。

 ジャパンカップを勝ったアーモンドアイは、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は15戦11勝。重賞勝ちは18年シンザン記念(G3)、桜花賞(G1)、オークス(G1)、秋華賞(G1)、ジャパンカップ(G1)、19年ドバイターフ(G1)、天皇賞・秋(G1)、20年ヴィクトリアマイル(G1)、天皇賞・秋(G1)に次いで10勝目。鞍上のC.ルメール騎手はジャパンカップ3勝目、管理する国枝栄調教師は2勝目。

【全着順】
1着 アーモンドアイ C.ルメール
2着 コントレイル 福永祐一
3着 デアリングタクト 松山弘平
4着 カレンブーケドール 津村明秀
5着 グローリーヴェイズ 川田将雅
6着 ワールドプレミア 武豊
7着 ミッキースワロー 戸崎圭太
8着 キセキ 浜中俊
9着 マカヒキ 三浦皇成
10着 ウェイトゥパリス M.デムーロ
11着 パフォーマプロミス 岩田望来
12着 ユーキャンスマイル 岩田康誠
13着 クレッシェンドラヴ 内田博幸
14着 トーラスジェミニ 田辺裕信
15着 ヨシオ 勝浦正樹