【新馬/東京6R】10番人気の伏兵アビッグチアが逃げ切る

(C)スポニチ

 29日、東京競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(芝1800m)で10番人気、嶋田純次騎乗、アビッグチア(牝2・美浦・堀井雅広)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にウインチェレステ(牡2・美浦・畠山吉宏)、3着に2番人気のロジローズ(牡2・美浦・大竹正博)が入った。勝ちタイムは1:50.8(良)。

 1番人気で川田将雅騎乗、ガンダルフ(牡2・美浦・国枝栄)は、5着敗退。

【東京3R】武豊 パープルレディーが初勝利!母はメリッサ

リオンディーズ産駒

 10番人気の伏兵、嶋田純次騎乗のアビッグチアが嬉しいデビューVを飾った。レースでは楽に先手を奪い、ゆったりとしたペースに落として主導権を握った。直線では後続の追い上げを許さず、最後まで先頭を守ると、1馬身1/4差をつけての完勝だった。

アビッグチア 1戦1勝
(牝2・美浦・堀井雅広)
父:リオンディーズ
母:シベリアンクラシカ
母父:Siphon
馬主:藤田在子
生産者:天羽禮治