【東スポ杯2歳S】武豊「相手なりに走った」ジュンブルースカイは3着

 萩ステークス2着からここへ参戦したジュンブルースカイは3着に敗れた。スローペースの6番手付近から勝ち馬を見るように差し脚を伸ばしたが、ラストは突き放されてしまい現時点での能力の差が出た結果となった。

3着 ジュンブルースカイ
武豊騎手
「レースが上手で相手なりに走ってくれました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 23日、東京競馬場で行われた11R・東京スポーツ杯2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1800m)で1番人気、川田将雅騎乗、ダノンザキッド(牡2・栗東・安田隆行)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にタイトルホルダー(牡2・美浦・栗田徹)、3着に3番人気のジュンブルースカイ(牡2・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは1:47.5(良)。

 2番人気でC.ルメール騎乗、ドゥラヴェルデ(牡2・美浦・木村哲也)は、6着敗退。

【東スポ杯2歳S】川田「非常に楽しみな馬」ダノンザキッドが出世レースを勝利

デビュー2連勝

【東スポ杯2歳S】武豊「相手なりに走った」ジュンブルースカイは3着

 単勝1.7倍、川田将雅騎乗のダノンザキッドがデビュー2連勝、重賞初制覇を飾った。好スタート好ダッシュを決めて3番手の位置で流れに乗ると、そのままの隊列で直線の攻防へ。馬場の三分どころから楽な手応えで抜け出しを図り、ラストまで危なげない走りで後続を1馬身1/4差突き放した。

ダノンザキッド 2戦2勝
(牡2・栗東・安田隆行)
父:ジャスタウェイ
母:エピックラヴ
母父:Dansili
馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ダノンザキッド
2着 タイトルホルダー
3着 ジュンブルースカイ
4着 プラチナトレジャー
5着 ヴェローチェオロ
6着 ドゥラヴェルデ
7着 モリノカンナチャン
8着 レインフロムヘヴン
9着 モメントグスタール
10着 トーセンジャック