【デイリー杯2歳S】福永「G1の舞台で活躍出来る馬」レッドベルオーブがレコードV

(C)スポニチ

 14日、阪神競馬場で行われたG2・デイリー杯2歳ステークスは、断然の1番人気に支持されたレッドベルオーブが2歳レコードで勝利した。

デイリー杯2歳ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 レッドベルオーブ
福永祐一騎手
「とても早いタイムが出やすい馬場状態だったので、ある程度速い決着にはなるかなと思っていましたけれど、思っていた以上に厳しい戦いにもなりましたし、走破時計も早かったのでね、馬は結構疲労が溜まっている感じだったのでしっかりケアしてもらって、次の戦いに向かっていってほしいなと思います。(折り合い面では)ちょっと頭を上げる面がありましたね。調教では見せなかったんですけど、そこは次への修正点ということで、また厩舎と話し合って改善していきたいなと思います。G1の舞台で活躍出来る馬だと思いますし、ここ2戦は素晴らしい走りを見せてくれていますのでね、次も楽しみですね」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 14日、阪神競馬場で行われた11R・デイリー杯2歳ステークス(G2・2歳オープン・芝1600m)で1番人気、福永祐一騎乗、レッドベルオーブ(牡2・栗東・藤原英昭)が快勝した。アタマ差の2着に2番人気のホウオウアマゾン(牡2・栗東・矢作芳人)、3着にスーパーホープ(牡2・栗東・藤岡健一)が入った。勝ちタイムは1:32.4のレコードタイム(良)。

【京都ジャンプS】石神「脚をぶつけた」オジュウチョウサンがまさかの敗戦

ディープインパクト産駒

 単勝1.3倍、断然の人気に支持されたレッドベルオーブが嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは中団インの位置で、2番人気のホウオウアマゾンを見ながらという格好に。勝負どころでも抜群の手応えで進出し、直線入り口で最内に進路を取ると、ゴールまでホウオウアマゾンとの激しい追い比べとなった。ラストは力でねじ伏せるように内から頭差抜け出してゴールした。1分32秒4は2歳レコード。

レッドベルオーブ 3戦2勝
(牡2・栗東・藤原英昭)
父:ディープインパクト
母:レッドファンタジア
母父:Unbridled’s Song
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レッドベルオーブ
2着 ホウオウアマゾン
3着 スーパーホープ
4着 ビゾンテノブファロ
5着 カイザーノヴァ
6着 シティレインボー
7着 コスモアシュラ
8着 スーパーウーパー