【東京1R】タケルペガサスが9馬身差圧勝

 7日、東京競馬場で行われた1R・2歳未勝利(ダ1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、タケルペガサス(牡2・美浦・加藤征弘)が快勝した。9馬身差の2着にテイルウインド(牡2・美浦・武藤善則)、3着にデルマジゾウ(牡2・美浦・小野次郎)が入った。勝ちタイムは1:37.7(良)。

 2番人気で木幡育也騎乗、ショウナンアストラ(牡2・美浦・矢野英一)は、4着敗退。

【阪神7R】武豊 マティアスが7馬身差圧勝!

ダンカーク産駒

 単勝1.5倍、ルメール騎乗のタケルペガサスが圧倒的支持に応えた。五分のスタートから先手を主張しスピードに乗って隊列を引っ張ると、勝負どころでも手応え良く進出。直線では後続をグングン突き放す圧倒的なパフォーマンスで、力の違いを見せつけて9馬身突き放した。

タケルペガサス 2戦1勝
(牡2・美浦・加藤征弘)
父:ダンカーク
母:ヒシアルコル
母父:ダイワメジャー
馬主:森保彦
生産者:中村雅明