的場文男騎手「大井競馬場は続いていきます。不滅です」黄綬褒章報告会

 11月3日(火・祝)、大井競馬所属の的場文男騎手が、令和2年秋の褒章において黄綬褒章を受章したことを受け、JBC当日に受章報告会を行った。

JBCデー1日の売り上げ大井、門別2場で100億円突破!

的場文男騎手「大井競馬場は続いていきます。不滅です」黄綬褒章報告会
的場文男騎手「大井競馬場は続いていきます。不滅です」黄綬褒章報告会

「もう少し頑張る」

的場文男騎手「大井競馬場は続いていきます。不滅です」黄綬褒章報告会

 来場したファンの拍手に迎えられて深々とお辞儀をした的場文男騎手は、「騎手として初めて戴ける章ということで、本当に喜んでおります。47年間騎乗してきたご褒美かなとも思っております。ファンの皆さまの応援、競馬関係者の皆さまの後押しがあったから出来ることで、本当に心より感謝の気持ちで一杯でございます。僕も歳なので体力の限界を感じてきましたが、もう少し大井競馬場にファンが戻ってくるまで頑張らなきゃいけないと考えています。大井競馬場はこれからずっと続いていきます。不滅です。大井競馬場にご声援の程をよろしくお願い致しまして、私のお礼の挨拶にかえさせて戴きます。本日はありがとうございました」と、競馬ファン、関係者へ向けて深い感謝の言葉を述べた。