【JBCクラシック】デムーロ「クリソベリルは化け物」オメガパフュームは2着

 大井得意のオメガパフュームは化け物を前にまたしても2着に甘んじた。レースでも完璧とも言える流れで、クリソベリルをマークするように4番手から。直線では外に持ち出して猛追したが、先を行くライバルに並ぶことは一度もなかった。

2着 オメガパフューム
M.デムーロ騎手
「残念でした。クリソベリルはやはり化け物です。オメガパフュームは真面目で仕事が分かっていて、一番良い位置で競馬が進められました。今日は完璧に乗れましたが、相手が強かったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、大井競馬場で行われた10R・JBCクラシック(Jpn1・3歳上オープン・ダ2000m)で1番人気、川田将雅騎乗、クリソベリル(牡4・栗東・音無秀孝)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にオメガパフューム(牡5・栗東・安田翔伍)、3着にチュウワウィザード(牡5・栗東・C.ルメール)が入った。勝ちタイムは2:02.5(稍重)。

【JBCクラシック】吉田俊介氏「本当に強い馬」クリソベリル国内無敗

国内無敗

【JBCクラシック】デムーロ「クリソベリルは化け物」オメガパフュームは2着

 断然の1番人気に支持されたクリソベリルが力の違いを見せた。レースではスムーズに3番手の位置で折り合いをつけてなんの不利もなく勝負どころへ。先を行く逃げ馬を見ながら直線でスパートを開始すると、ラスト1ハロンから一気に抜け出しを図り、あっという間にライバルを突き放した。ここでは力が1枚も2枚も違い、国内無敗をキープした。

クリソベリル 9戦8勝
(牡4・栗東・音無秀孝)
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クリソベリル
2着 オメガパフューム
3着 チュウワウィザード
4着 ミューチャリー
5着 ダノンファラオ
6着 デルマルーヴル
7着 ロードレガリス
8着 サクラアリュール
9着 サウンドトゥルー
10着 ノンコノユメ
11着 センチュリオン
12着 サブノクロヒョウ
13着 マースインディ
14着 アングライフェン
15着 ブラックバゴ