【JBCスプリント】武豊「状態は良かった」マテラスカイは粘るも2着まで

 武豊騎乗のマテラスカイは惜しくも2着に敗れた。今回は先手を主張せず先行策で3番手から運ぶ形になったが、ゴール前でもしぶとく伸びての2着。あと一歩でというところだったが、ゴール寸前で勝ち馬の強襲に屈した。

2着 マテラスカイ
武豊騎手
「向正面で外からプレッシャーをかけられました。ですが状態は良かったです」

レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、大井競馬場で行われた9R・JBCスプリント(Jpn1・3歳上オープン・ダ1200m)で8番人気、矢野貴之騎乗、サブノジュニア(牡6・大井・堀千亜樹)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にマテラスカイ(牡6・栗東・森秀行)、3着にブルドッグボス(牡8・浦和・小久保智)が入った。勝ちタイムは1:10.7(稍重)。

 1番人気で戸崎圭太騎乗、ジャスティン(牡4・栗東・矢作芳人)は8着、2番人気で藤田菜七子騎乗、コパノキッキング(せん5・栗東・村山明)は6着敗退。

【JBCスプリント】矢野貴「本当に信じられない」サブノジュニア大金星

大井競馬所属

【JBCスプリント】武豊「状態は良かった」マテラスカイは粘るも2着まで

 8番人気に支持された矢野貴之騎乗、サブノジュニアが中央勢を撃破し大金星を飾った。レースでは中団馬群で追走し、直線入り口では狭い馬群の隙間をこじ開けるように進出。外目から勢いよく末脚を伸ばすと、ゴール前で抜け出した武豊騎乗のマテラスカイを捉えてゴール。直線一気を決めた。

サブノジュニア 36戦12勝
(牡6・大井・堀千亜樹)
父:サウスヴィグラス
母:サブノイナズマ
母父:カコイーシーズ
馬主:中川三郎
生産者:藤沢牧場

【全着順】
1着 サブノジュニア
2着 マテラスカイ
3着 ブルドッグボス
4着 モズスーパーフレア
5着 キャンドルグラス
6着 コパノキッキング
7着 ベストマッチョ
8着 ジャスティン
9着 トロヴァオ
10着 サクセスエナジー
11着 メイショウアイアン
12着 ミスターメロディ
13着 クルセイズスピリツ
14着 シャインヴィットゥ
15着 ノブワイルド
16着 ヒロシゲゴールド