【JBCレディスクラシック】北村友「正直、手応えは良くなかった」ファッショニスタが3度目の正直

(C)TCK特別区競馬組合

 3日、大井競馬場で行われたJBCレディスクラシックで、2番人気に支持されたファッショニスタが勝利。ゴール前の大接戦を制してアタマ差抜け出した。2年連続の3着から3度目の正直でこのレースを制した。

JBCレディスクラシック、勝利ジョッキーコメント
1着 ファッショニスタ
北村友一騎手
「馬が頑張ってくれて最後まで交わされないで闘志を見せてくれたところが嬉しかったです。今日勝てて本当に良かったと思います。調教の時から具合は良いなと思っていて、返し馬でも良い雰囲気だったと思います。特に作戦というものは全くなくて、気分を害さないようにレースが出来ればいいなと思っていました。リラックスして走れていましたし、ブリンカーの効果もあって集中して走れていたと思います。正直、手応え自体は良くなかったです。少し嫌気さしているのかなという感じではありました。2着馬のマドラスチェックが内から並びかけて来た時にもう一度馬が頑張ってくれて、ファイトを見せてくれて最後まで長く良い脚を使ってくれたと思います。今日勝つことが出来て本当に嬉しく思います。これからも応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 3日、大井競馬場で行われた8R・JBCレディスクラシック(Jpn1・3歳上オープン・牝・ダ1800m)で2番人気、北村友一騎乗、ファッショニスタ(牝6・栗東・安田隆行)が快勝した。アタマ差の2着にマドラスチェック(牝4・美浦・齋藤誠)、3着に1番人気のマルシュロレーヌ(牝4・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは1:51.1(稍重)。

【JBCクラシック】クリソベリルが圧勝!力の違いを見せる

【JBCレディスクラシック】北村友「正直、手応えは良くなかった」ファッショニスタが3度目の正直
【JBCレディスクラシック】北村友「正直、手応えは良くなかった」ファッショニスタが3度目の正直

大接戦のゴール前

【JBCレディスクラシック】北村友「正直、手応えは良くなかった」ファッショニスタが3度目の正直
(C)TCK特別区競馬組合

 2番人気に支持された北村友一騎乗、ファッショニスタがゴール前の大接戦を制して、嬉しい交流G1初制覇を飾った。道中は2番手の位置から抜け出しを図り、直線ではマドラスチェックとの一騎打ちに。ゴールまで続いた一進一退の攻防を制して、ファッショニスタが前に出た。断然の1番人気に支持された、マルシュロレーヌは3着に敗れた。

ファッショニスタ 22戦8勝
(牝6・栗東・安田隆行)
父:ストリートセンス
母:アクアリスト
母父:Coronado’s Quest
馬主:ゴドルフィン
生産者:ダーレー・ジャパン・ファーム

【全着順】
1着 ファッショニスタ
2着 マドラスチェック
3着 マルシュロレーヌ
4着 ダノンレジーナ
5着 レーヌブランシュ
6着 プリンシアコメータ
7着 サルサディオーネ
8着 シネマソングス
9着 マルカンセンサー
10着 サルサレイア
11着 ローザノワール
12着 ナムラメルシー
13着 ヨミ
14着 レイチェルウーズ
15着 サンルイビル