騎手として初の快挙!的場文男騎手 黄綬褒章を受章

(C)TCK特別区競馬組合

 東京シティ競馬(大井競馬場)所属の的場文男騎手は、このたび令和2年秋の褒章において黄綬褒章を受章することが国より公表されました。

 的場騎手は、昭和48(1973)年のデビュー以来、これまで47年間にわたって騎手として努力と鍛錬を重ね、他の騎手の模範となる卓越した技術を習得して最多勝利記録を更新し続けており、馬の能力や競馬の魅力の向上、騎手の指導・育成等を通じて競馬の発展に貢献することで、畜産振興に寄与してきた。

武豊騎手 的場文男騎手がトークセッション!武豊「出口とかに入ろうとする(笑)」

 黄綬褒章は、こうした農業、商業、工業等の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する者に授与されるもので、今回の黄綬褒章受章は中央競馬・地方競馬を問わず騎手としては初めての快挙。

 受章にあたって、東京シティ競馬では11/3(火・祝)のJBC当日のほか、受章を祝う行事を予定だ。

■的場文男騎手 受章のコメント
「このたび、このような褒章をいただくことになり、大変うれしく思っています。長年頑張ってきたご褒美をいただけたのかな、と思っています。これもひとえにファンの皆様や関係者の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。もうひと踏ん張りするので、また競馬場で会いましょう」

■的場文男騎手プロフィール
略歴:
昭和31年9月7日福岡県生まれ
昭和48年9月29日騎手免許取得

所属厩舎:東京都騎手会
服飾:赤,胴白星散らし
初騎乗:昭和48年10月16日大井5レース ホシミヤマ号
初勝利:昭和48年11月6日大井4レース ホシミヤマ号

<主な記録> ※2020年10月29日現在
地方競馬通算勝利数 7316勝(日本記録)
地方競馬通算騎乗数 4万2167 回(日本記録)
最年長重賞勝利記録 62歳0ヵ月12日(第55回東京記念(SⅠ))