【新馬/東京6R】アナンシエーションが力の違いを見せて圧勝

 31日、東京競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(ダ1600m)で2番人気、C.ルメール騎乗、アナンシエーション(牡2・美浦・手塚貴久)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にフィールザワールド(牡2・美浦・岩戸孝樹)、3着にタイセイシェダル(牡2・栗東・高橋義忠)が入った。勝ちタイムは1:38.3(良)。

 1番人気で戸崎圭太騎乗、アメリカンエール(牡2・美浦・戸田博文)は、11着敗退。なお、11番シザースフェイントが出走取消となっている。

【新馬/東京5R】ドゥラメンテ産駒 アヴェラーレが差し切りV

出負けもあっさり挽回

 2番人気に支持されたルメール騎乗、アナンシエーションが嬉しいデビューVを飾った。スタートをやや出負け気味に飛び出したが、早々と挽回して内から先行馬群まで進出。行きっぷりよく外目に持ち出していくと、直線でも楽々抜け出しを図り、力の違いを見せつけた。4レース新馬戦に続き、ルメール騎手はシルクレーシングとのコンビで新馬戦を2連勝した。

アナンシエーション 1戦1勝
(牡2・美浦・手塚貴久)
父:Union Rags
母:Acquant
母父:Giant’s Causeway
馬主:シルクレーシング
生産者:Colts Neck Stables LLC