【ブラジルC】白毛のハヤヤッコが豪快な差し切り

 25日、東京競馬場で行われた11R・ブラジルカップ(L・3歳上オープン・ハンデ・ダ2100m)で2番人気、田辺裕信騎乗、ハヤヤッコ(牡4・美浦・国枝栄)が快勝した。2馬身差の2着にグレートタイム(牡5・栗東・藤原英昭)、3着にロードゴラッソ(牡5・栗東・藤岡健一)が入った。勝ちタイムは2:08.8(良)。

 1番人気で横山典弘騎乗、スワーヴアラミス(牡5・栗東・須貝尚介)は、5着敗退。

【東京5R】外ラチ逸走Vの破天荒ホース、リフレイムがまたしても規格外の走りを披露

【ブラジルC】白毛のハヤヤッコが豪快な差し切り
【ブラジルC】白毛のハヤヤッコが豪快な差し切り

上がり最速をマーク

 2番人気に支持された田辺裕信騎乗、ハヤヤッコが豪快な差し切りで通算4勝目を飾った。五分のスタートを切るも序盤はゆったりと進めて最後方の位置からじっくりと構えて脚を溜める形に。勝負どころから馬群の中へ突っ込んでいき、大外に持ち出されると、大きなフットワークで差し脚を繰り出し、上がり最速36.6の末脚を発揮してゴボウ抜きした。

ハヤヤッコ 17戦4勝
(牡4・美浦・国枝栄)
父:キングカメハメハ
母:マシュマロ
母父:クロフネ
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ハヤヤッコ
2着 グレートタイム
3着 ロードゴラッソ
4着 ウェルカムゴールド
5着 スワーヴアラミス
6着 カナシバリ
7着 マイネルユキツバキ
8着 カラクプア
9着 アポロテネシー
10着 ダイシンインディー
11着 ケルティックソード