【新馬/京都4R】ディープ産駒 サナティオがデビューV!ダービー馬全妹は3着

(C)スポニチ

 25日、京都競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(牝・芝1600m)で3番人気、C.ルメール騎乗、サナティオ(牝2・栗東・清水久詞)が快勝した。1/2馬身差の2着にタガノディアーナ(牝2・栗東・長谷川浩大)、3着に1番人気のミスフィガロ(牝2・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは1:37.5(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、メイプルリズム(牝2・栗東・橋口慎介)は、15着敗退。

【ブラジルC】白毛のハヤヤッコが豪快な差し切り

ディープインパクト産駒

 3番人気に支持されたルメール騎乗、サナティオが嬉しいデビューVを飾った。道中は先行6、7番手付近、馬群の中で折り合いをつけると、勝負どころでは早めに手が動く格好となったが、直線では馬場の真ん中からじわじわと末脚を伸ばした。キレの良い差し脚という印象ではなかったが、大きなストライドで先行各馬を差し切り。力で差し切った。2018年の日本ダービー馬、ワグネリアンの全妹ミスフィガロは大外から追い込んだが3着に敗れた。

サナティオ 1戦1勝
(牝2・栗東・清水久詞)
父:ディープインパクト
母:ケープジャスミン
母父:クロフネ
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ