【アイビーS】出遅れも関係なし!良血オーソクレースがデビュー2連勝

 24日、東京競馬場で行われた9R・アイビーステークス(L・2歳オープン・芝1800m)で2番人気、池添謙一騎乗、オーソクレース(牡2・美浦・久保田貴士)が快勝した。クビ差の2着にラーゴム(牡2・栗東・斉藤崇史)、3着にスパイラルノヴァ(牡2・栗東・藤岡健一)が入った。勝ちタイムは1:48.1(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、バニシングポイント(牡2・美浦・藤沢和雄)は、7着敗退。

【新馬/東京5R】良血グラティアスが断然の人気に応える!半姉にレシステンシア

【アイビーS】出遅れも関係なし!良血オーソクレースがデビュー2連勝
【アイビーS】出遅れも関係なし!良血オーソクレースがデビュー2連勝

エピファネイア×マリアライト

 2番人気に支持された池添謙一騎乗、オーソクレースがデビュー2連勝を飾った。スタートで痛恨とも言える、2馬身ほどの出遅れでレースはスタート。腹を括って後方から進むと、直線入り口では最後方に。直線の追い比べでは、徐々に差し脚を伸ばして狭い馬群の間を割るように抜け出し、能力の違いで差し切ったような走りだった。同馬の母は、2016年の宝塚記念を勝利したマリアライト。

オーソクレース 2戦2勝
(牡2・美浦・久保田貴士)
父:エピファネイア
母:マリアライト
母父:ディープインパクト
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム