【太秦S】ベストタッチダウンが逃げ切り!オープン初勝利

 17日、京都競馬場で行われた11R・太秦ステークス(3歳上オープン・ダ1800m)で2番人気、岩田康誠騎乗、ベストタッチダウン(牡4・栗東・橋口慎介)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にビックリシタナモー(牡6・栗東・音無秀孝)、3着にアッシェンプッテル(牝4・栗東・奥村豊)が入った。勝ちタイムは1:48.1(不良)。

 1番人気で福永祐一騎乗、クリンチャー(牡6・栗東・宮本博)は、4着敗退。

【紫菊賞】良血ヨーホーレイクがデビュー2連勝

【太秦S】ベストタッチダウンが逃げ切り!オープン初勝利
【太秦S】ベストタッチダウンが逃げ切り!オープン初勝利

1番人気に支持されたクリンチャーは4着敗退

 2番人気に支持された岩田康誠騎乗、ベストタッチダウンが逃げ切りを決めてオープンクラス初勝利を飾った。スタートから迷わず先手を奪う積極的な走りでレースの主導権を握った。勝負どころから後続を突き放しにかかり、セーフティーリードを奪うと、後方から追い込んだ2、3着馬の追撃を悠々振り切った。

ベストタッチダウン 12戦5勝
(牡4・栗東・橋口慎介)
父:タートルボウル
母:タッチザピーク
母父:スペシャルウィーク
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム