【新馬/京都5R】アールドヴィーヴルが測ったような差し切り!デビューV

(C)スポニチ

 10日、京都競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)で2番人気、松山弘平騎乗、アールドヴィーヴル(牝2・栗東・今野貞一)が快勝した。クビ差の2着にヴィジュネル(牡2・栗東・渡辺薫彦)、3着にタガノスペルノヴァ(牡2・栗東・川村禎彦)が入った。勝ちタイムは1:36.6(不良)。

 1番人気で福永祐一騎乗、ルリオウ(牡2・栗東・友道康夫)は、10着敗退。

【新馬/京都4R】ディオスクーロイがデビューV!5馬身差完勝

【新馬/京都5R】アールドヴィーヴルが測ったような差し切り!デビューV
【新馬/京都5R】アールドヴィーヴルが測ったような差し切り!デビューV

クロコスミア半弟は10着敗退

 2番人気に支持された松山弘平騎乗、アールドヴィーヴルが嬉しいデビューVを飾った。道中は後方3番手付近から徐々にエンジンを吹かしていく形で、4コーナーから進出。馬群の中をスムーズに捌いていき、馬場の三分どころからスパートを開始すると、上がり最速となる34.9の末脚を繰り出して、ゴール寸前できっちり差し切った。エリザベス女王杯3度の2着があるクロコスミアの半弟、ルリオウは10着に敗れた。

アールドヴィーヴル 1戦1勝
(牝2・栗東・今野貞一)
父:キングカメハメハ
母:イサベル
母父:ディープインパクト
馬主:近藤英子
生産者:ノーザンファーム