【スプリンターズS】松若「前半競られた分が…」レース後ジョッキーコメント

 4日、中山競馬場で行われたG1・スプリンターズステークスは、1番人気に支持されたグランアレグリアが異次元の末脚を発揮して、後方から一気にライバルを抜き去った。春のスプリント王者、モズスーパーフレアは軽快に逃げ脚を飛ばしていくも、直線で失速して10着に敗れた。

スプリンターズステークス、レース後ジョッキーコメント
1着 グランアレグリア
C.ルメール騎手
「今日は本当に信じられないです。今日は心配していましたが、グランアレグリアの強さは素晴らしいです。スタートはゆっくりでした。すぐ後ろの方になり心配しましたが、直線ではすごく良い脚で伸びてくれました。ペースが速かったので前の馬が止まりましたが、グランアレグリアはゴールまですごい速い脚を使いました。応援ありがとうございます」

2着 ダノンスマッシュ
川田将雅騎手
「ゲートが難しい馬で、今日の状況では最善の形だったと思います。成長を感じる良い内容のレースでした。勝ち馬が遙かに強かったです」

3着 アウィルアウェイ
松山弘平騎手
「勝ち馬の後ろから行く形でした。勝負どころで離されましたが、最後は良く伸びてくれました。大外枠という厳しい条件でしたが、力を見せてくれましたと思います。」

4着 ミスターメロディ
福永祐一騎手
「一発を狙って行く競馬をしました。狙い通りのレースは出来ましたが、上位の馬の決め手は凄かったです」

5着 クリノガウディー
三浦皇成騎手
「この外枠でよく来てくれました。力のある馬だと思います」

6着 レッドアンシェル
M.デムーロ騎手
「早めに外に出して動いていく形になりました。最後の直線で手前も替え辛く、坂も堪えている感じでした。外枠もキツかったです」

9着 ライトオンキュー
古川吉洋騎手
「ポジションは完璧だと思ったのですが、最後は伸び負けしてしまいました。」

松若「競られた分が…」

10着 モズスーパーフレア
松若風馬騎手
「枠もゲートも良かったです。ただ人気を背負ってマークもキツかったです。最後は前半で競られた分が響きました」

11着 エイティーンガール
池添謙一騎手
「直線で狭くなってしまいました。もったいなかったです」

16着 ビアンフェ
藤岡佑介騎手
「噛み合わなかったです。発走を遅らせて申し訳ありせん」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4日、中山競馬場で行われた11R・スプリンターズステークス(G1・3歳上オープン・芝1200m)で1番人気、C.ルメール騎乗、グランアレグリア(牝4・美浦・藤沢和雄)が快勝した。2馬身差の2着にダノンスマッシュ(牡5・栗東・安田隆行)、3着にアウィルアウェイ(牝4・栗東・高野友和)が入った。勝ちタイムは1:08.3(良)。

 2番人気で松若風馬騎乗、モズスーパーフレア(牝5・栗東・音無秀孝)は、10着敗退。

春の安田記念以来の出走でV

 1番人気に支持されたルメール騎乗、グランアレグリアがG1・3勝目、春の安田記念勝ち以来の出走で、マイル、スプリントの2階級制覇を成し遂げた。直線の末脚は見事だった。スタートから後方2番手でじっくりと構えていく形になり、モズスーパーフレアが飛ばしていく中、大きく離れた後方から運ぶも勝負どころから大外へ進出。慌てず騒がずの鞍上がゴーサインを出すと、エンジンの違いを見せつける走りで先行各馬を一気にごぼう抜きした。

グランアレグリア 9戦6勝
(牝4・美浦・藤沢和雄)
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 グランアレグリア
2着 ダノンスマッシュ
3着 アウィルアウェイ
4着 ミスターメロディ
5着 クリノガウディー
6着 レッドアンシェル
7着 メイショウグロッケ
8着 ダイメイプリンセス
9着 ライトオンキュー
10着 モズスーパーフレア
11着 エイティーンガール
12着 キングハート
13着 ダイアトニック
14着 ダイメイフジ
15着 ラブカンプー
16着 ビアンフェ