【スプリンターズS】ルメール「すごい速い脚」グランアレグリアが豪脚一閃

(C)スポニチ

 4日、中山競馬場で行われたG1・スプリンターズステークスは、1番人気に支持されたグランアレグリアが異次元の末脚を発揮して、後方から一気にライバルを抜き去った。春のスプリント王者、モズスーパーフレアは軽快に逃げ脚を飛ばしていくも、直線で失速して10着に敗れた。

スプリンターズS、勝利ジョッキーコメント
1着 グランアレグリア
C.ルメール騎手
「今日は本当に信じられないです。今日は心配していましたが、グランアレグリアの強さは素晴らしいです。スタートはゆっくりでした。すぐ後ろの方になり心配しましたが、直線ではすごく良い脚で伸びてくれました。ペースが速かったので前の馬が止まりましたが、グランアレグリアはゴールまですごい速い脚を使いました。応援ありがとうございます」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 4日、中山競馬場で行われた11R・スプリンターズステークス(G1・3歳上オープン・芝1200m)で1番人気、C.ルメール騎乗、グランアレグリア(牝4・美浦・藤沢和雄)が快勝した。2馬身差の2着にダノンスマッシュ(牡5・栗東・安田隆行)、3着にアウィルアウェイ(牝4・栗東・高野友和)が入った。勝ちタイムは1:08.3(良)。

 2番人気で松若風馬騎乗、モズスーパーフレア(牝5・栗東・音無秀孝)は、10着敗退。

ジャパンが出走取り消し 松島氏「この悔しさを必ず喜びに変えよう」

春の安田記念以来の出走でV

 1番人気に支持されたルメール騎乗、グランアレグリアがG1・3勝目、春の安田記念勝ち以来の出走で、マイル、スプリントの2階級制覇を成し遂げた。直線の末脚は見事だった。スタートから後方2番手でじっくりと構えていく形になり、モズスーパーフレアが飛ばしていく中、大きく離れた後方から運ぶも勝負どころから大外へ進出。慌てず騒がずの鞍上がゴーサインを出すと、エンジンの違いを見せつける走りで先行各馬を一気にごぼう抜きした。

グランアレグリア 9戦6勝
(牝4・美浦・藤沢和雄)
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 グランアレグリア
2着 ダノンスマッシュ
3着 アウィルアウェイ
4着 ミスターメロディ
5着 クリノガウディー
6着 レッドアンシェル
7着 メイショウグロッケ
8着 ダイメイプリンセス
9着 ライトオンキュー
10着 モズスーパーフレア
11着 エイティーンガール
12着 キングハート
13着 ダイアトニック
14着 ダイメイフジ
15着 ラブカンプー
16着 ビアンフェ