【凱旋門賞】日本馬の近況(10月1日)

 10月4日(日)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記のとおり。

●凱旋門賞(G1・芝2400m)
・ディアドラ(牝6・栗東・橋田満厩舎)
本日(現地時間10月1日)の調教状況
ニューマーケット調教場
曳き運動のみ 1時間

【凱旋門賞】日本馬の近況(9月30日)

【凱旋門賞】日本馬の近況(10月1日)
【凱旋門賞】日本馬の近況(10月1日)

橋田師「やる気のある状態を維持出来ている」

橋田満調教師のコメント
「今週のパリ地区は連日の降雨で馬場状態が相当に悪くなっている模様です。枠順が12に決まりましたが、コースのどのラインを走れば良いのか予測できない状況ですので、枠については何とも言えません。彼女は日本の重馬場はこなしていますが、英国の重馬場は苦戦を強いられています。当日ロンシャンの馬場が、彼女が耐えられるレベルにあることを祈っているのが今の私たちです。幸いなことに彼女はやる気のある状態を維持出来ていますので、日本の皆様には熱い応援で彼女の後押しをお願いいたします」

※JRA発表による