【海外競馬】ジャパン 凱旋門賞で巻き返しを期す

ジャパン (C)沢田康文

 愛チャンピオンステークスは5着に敗れました。道中はインの3番手を追走し、直線は一瞬内から見せ場を作りましたが、最後は上位勢とは離れてしまいました。幸いにもレース後、怪我などはなく、10月4日パリロンシャン競馬場の凱旋門賞で巻き返しを期すことになりました。

ジャパン凱旋門賞出走へ 鞍上は武豊騎手

【海外競馬】ジャパン 凱旋門賞で巻き返しを期す
【海外競馬】ジャパン 凱旋門賞で巻き返しを期す

オブライエン師「悲観はしていない」

 エイダン・オブライエン調教師は「レース内容にはそれほど悲観はしていません」と話しました。勝った僚馬マジカルと2頭で、ガイヤースを負かしに行く競馬をしましたが、前半のペースがジャパンにとって合わなかったことを敗因の一つとして考えられており、次走は条件が好転すると考えられています。「うまく調教をすれば馬はさらに良くなりそうですので、ケアをしてしっかり仕上げていきます」ということで、次走の凱旋門賞はキーファーズの勝負服で武豊騎手とのコンビで挑みます。

(C)キーファーズサロン