【大井・ゴールドジュニア】左海「大事に育てていきたい」アランバローズが勝利

(C)東京シティ競馬

 21日、大井競馬場で行われた11R・ゴールドジュニア(S3・2歳オープン・ダ1400m)で2番人気、左海誠二騎乗、アランバローズ(牡2・船橋・林正人)が快勝した。2.1/2馬身差の2着に1番人気のマカベウス(牡2・船橋・米谷康秀)、3着にサウスワールド(牡2・浦和・小久保智)が入った。勝ちタイムは1:27.0(良)。

1着 アランバローズ
左海誠二騎手
「本当に力がある馬だと思いました。全てが初物づくしでしたが、色々克服してくれて強い勝ち方でした。1週前に跨った感じも返し馬も良かったです。うまくスタートして自分の騎乗ができれば勝てるのではないかと思いました。今日の感じだともう少し距離が延びても大丈夫だと感じました。気がいい馬なので折り合いに気を付け、最後まで力を残せるよう心掛けました。スタートはそこそこでちょっと仕掛けたらスピードに乗ってくれました。まだまだ伸びしろがある馬ですが、今後、ほかの馬も力をつけてくるので大事に育てていきたいです」

【盛岡・ジュニアグランプリ】地元岩手のマツリダスティールが優勝

【大井・ゴールドジュニア】左海「大事に育てていきたい」アランバローズが勝利
【大井・ゴールドジュニア】左海「大事に育てていきたい」アランバローズが勝利

林調教師「間隔を詰めて使いたくない」

【大井・ゴールドジュニア】左海「大事に育てていきたい」アランバローズが勝利
(C)東京シティ競馬

調教師 林正人調教師
(お気持ちは)
素直に嬉しいです。
(レース前左海騎手とは何か会話されましたか)
3か月ぶりの実戦となりましたが、この馬は間をとってあげた方がいいと思っていましたので、状態もいい感じでした。スタートには少し課題があった馬でしたので、ゲート開いてからはジョッキーの判断に任せると話していました。
(レースはどのようにご覧になりましたか)
スタートもよく、道中もいい感じでいっていましたので、このまま最後までと思いながら見ていました。
(今後は)
 ちょっと性格的な問題もありまして、あまり間隔を詰めて使いたくないので、今後は馬の状態とオーナーさんと相談して決めたいと思います。
(ファンの皆様へ)
 みなさんの声援のおかげで今日は勝つことができました。またみなさんの前で競馬ができることを本当にうれしく思います。これからも関係者一同頑張っていきますので、競馬場に足を運んで応援してください。よろしくお願いします。

アランバローズ 3戦3勝
(牡2・船橋・林正人)
父:ヘニーヒューズ
母:カサロサーダ
母父:ステイゴールド
馬主:猪熊広次
生産者:大狩部牧場

【全着順】
1着 アランバローズ
2着 マカベウス
3着 サウスワールド
4着 セイカメテオポリス
5着 フォルメッシ
6着 トーセンウォーリア
7着 マテーラフレイバー
8着 ツエンダー
9着 ソウマトウ
10着 ファルキート
11着 サブノキコウシ
12着 パルヴニール
13着 ライヴマカロン