【新馬/中山5R】モーリス産駒 ブルメンダールが接戦を制する

(C)スポニチ

 21日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)で1番人気、川田将雅騎乗、ブルメンダール(牡2・美浦・国枝栄)が快勝した。ハナ差の2着に2番人気のジュリオ(牡2・美浦・木村哲也)、3着にカバーガール(牝2・栗東・清水久詞)が入った。勝ちタイムは1:37.9(良)。

【中山4R】ゾディアックサインが長くいい脚を使って差し切る

母はG1馬のブルーメンブラット

 1番人気に支持された川田将雅騎乗、ブルメンダールがゴール前の接戦を制して嬉しいデビューVを飾った。好スタートを決めてスムーズに先行3番手の位置でレースの流れに乗ると、直線ではラスト1ハロンから先頭に躍り出た。ゴール前は鋭い末脚でジュリオが迫ったが、僅かハナ差振り切って接戦を制した。母は2008年のマイルチャンピオンシップを制したブルーメンブラット。

ブルメンダール 1戦1勝
(牡2・美浦・国枝栄)
父:モーリス
母:ブルーメンブラット
母父:アドマイヤベガ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム