【中山3R】タマモブトウカイが7馬身差圧勝!

 20日、中山競馬場で行われた3R・2歳未勝利(ダ1800m)で1番人気、横山武史騎乗、タマモブトウカイ(牡2・美浦・伊藤圭三)が快勝した。7馬身差の2着にエコロカナワン(牡2・美浦・武市康夫)、3着にアンクラウデッド(牡2・美浦・古賀慎明)が入った。勝ちタイムは1:56.7(良)。

 2番人気で木幡巧也騎乗、モンサンラディウス(牡2・美浦・牧光二)は、10着敗退。

【中山2R】サンズオブタイムが測ったような差し切り!

【中山3R】タマモブトウカイが7馬身差圧勝!
【中山3R】タマモブトウカイが7馬身差圧勝!

シニスターミニスター産駒

 1番人気に支持されたタマモブトウカイが7馬身差の圧勝でデビュー戦を快勝した。序盤は中団馬群で折り合いをつける形となったが、向こう正面から一気にまくって行きペースアップ。まくり切って先頭に立つと、後続をグングン離していき、直線では完全にひとり旅となった。終わってみれば7馬身差とこのメンバーでは力が1枚上だった。

タマモブトウカイ 2戦1勝
(牡2・美浦・伊藤圭三)
父:シニスターミニスター
母:タマモボレロ
母父:ハーツクライ
馬主:タマモ
生産者:前田牧場