【京成杯AH】横山典「去年より大人」トロワゼトワルが連覇

 13日、中山競馬場で行われたG3・京成杯オータムハンデキャップは、4番人気に支持されたトロワゼトワルが接戦を制して、昨年に引き続き連覇を達成した。ゴール前は3頭横並びの大接戦となり、真ん中から僅かに同馬が前に出た。

京成杯オータムハンデキャップ、レース後ジョッキーコメント
1着 トロワゼトワル
横山典弘騎手
「(連覇達成は)嬉しいですね。馬のリズムと今日は1年前と違って凄いおとなしかったので、最初乗せてもらった時は中々のやんちゃお姉ちゃんだなと思ったんですけど、今日は良い感じで大人になっていました。去年よりおとなしかった分、進みもこっちが「えっ」って思うくらいちょっと行きっぷりがあんまり良くないというわけではないですけど、すごい冷静に走っているなという感じだったので、2番手でもちょうど良かったです。最後はよく踏ん張ってくれましたね。ゴール盤の時は勝ったなと思いました。安田先生のとこの馬が向こう(セントウルステークス)で勝っていたのでね、こっちも勝てて良かったねという話をしました。いつも良い馬に乗せてもらっていますから頑張ります」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 13日、中山競馬場で行われた11R・京成杯オータムハンデキャップ(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1600m)で4番人気、横山典弘騎乗、トロワゼトワル(牝5・栗東・安田隆行)が快勝した。ハナ差の2着にスマイルカナ(牝3・美浦・高橋祥泰)、3着にボンセルヴィーソ(牡6・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは1:33.9(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、アンドラステ(牝4・栗東・中内田充正)は10着、2番人気で石橋脩騎乗、ルフトシュトローム(牡3・美浦・堀宣行)は16着敗退。

【京成杯AH】横山典「去年より大人」トロワゼトワルが連覇
【京成杯AH】横山典「去年より大人」トロワゼトワルが連覇

昨年に引き続き連覇達成

 4番人気に支持された横山典弘騎乗、トロワゼトワルがこのレースを連覇した。スマイルカナが飛ばしていく展開の2番手でグッと堪えて折り合いをつけると、直線入り口から先頭に並びかけて行き勝負根性発揮。ゴール前では3着までハナ、ハナの大接戦となったが、僅かにトロワゼトワルに軍配が上がった。

トロワゼトワル 20戦6勝
(牝5・栗東・安田隆行)
父:ロードカナロア
母:セコンドピアット
母父:ハーツクライ
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 トロワゼトワル
2着 スマイルカナ
3着 ボンセルヴィーソ
4着 ジャンダルム
5着 シゲルピンクダイヤ
6着 アルーシャ
7着 ストーミーシー
8着 エントシャイデン
9着 アストラエンブレム
10着 アンドラステ
11着 ミッキーブリランテ
12着 アフランシール
13着 ラセット
14着 スイープセレリタス
15着 メイケイダイハード
16着 ルフトシュトローム