【新潟1R】キープイットシンポが6馬身差圧勝

 29日、新潟競馬場で行われた1R・2歳未勝利(ダ1800m)で2番人気、菅原隆一騎乗、キープイットシンポ(牝2・美浦・小野次郎)が快勝した。6馬身差の2着にマイネルタイムリー(牡2・美浦・清水英克)、3着にトーセンエディ(牡2・美浦・武市康男)が入った。勝ちタイムは1:54.0(良)。

 1番人気で戸崎圭太騎乗、ミエノムガール(牡2・美浦・国枝栄)は、7着敗退。なお、2番キルリストは競走中止となっている。

9月の中央競馬の開催等について

JRAブリーズアップセール出身馬

 2番人気に支持された菅原隆一騎乗のキープイットシンポが嬉しい初勝利を飾った。レースでは行きっぷりよく先頭を伺う勢いで先行。大きく縦長の展開となり、直線半ばから抜け出しを図るとグングン後続を突き放して、終わってみれば6馬身差とこのメンバーでは力の違いを見せた。

キープイットシンポ 3戦1勝
(牝2・美浦・小野次郎)
父:エスケンデレヤ
母:イットーエンプレス
母父:エンパイアメーカー
馬主:西森功
生産者:日本中央競馬会日高育成牧場