【盛岡・せきれい賞】注目馬情報

(株)優駿協賛 報知新聞杯
第42回 せきれい賞(M2・ベストウォーリア賞・3歳上オープン・芝2400m)
8月2日(日)18:10発走
盛岡競馬場

せきれい賞は2000年度(第22回)から重賞へ格上げ。2003年度(第25回)から現行の盛岡芝2400mで行われ、地方競馬全国交流へ昇格。JRA・天皇賞(秋)ステップ競走へのブロック代表馬選定競走としても実施され、1着馬はオールカマー、毎日王冠、京都大賞典へ出走可能となります。レースレコードは2004年優勝サイレントグリーンの2分30秒3です。

【注目馬情報】
★ロードヴァンドール(川崎)
昨年の阪神大賞典でシャケトラの3着。また金鯱賞(2017年)、日経新春杯(2018年)2着など中央芝の中~長距離で活躍し、川崎へトレード。前走後はたっぷり休養を取り、せきれい賞に照準をピタリ合わせました。

★コスモリョウゲツ
昨年、中央500万下(1勝クラス)から里帰り。盛岡芝の最高峰OROカップ優勝、かきつばた賞1着、桂樹杯2着などで最優秀ターフホースへ選出されました。盛岡芝9戦6勝2着2回と地の利を生かし逆転を狙います。

★アップクォーク(園田)
今年5月まで中央へ在籍。5勝をすべて左回りでマークし、盛岡コースは望むところ。園田勢初の優勝なるか。

★キャッスルクラウン(船橋)
2年連続で参戦して一昨年2着、昨年4着。いずれもメンバー最速の上がりを披露し、決め手が脅威の的。

★サンエイゴールド
一昨年、3年前を連覇して盛岡芝2400mは過去6戦5勝と自信の条件。奇跡の復活を期待したいところ。