【スパーキングレディーC】ルメール「先頭に立つことは出来たが…」レース後ジョッキーコメント

(C)神奈川県川崎競馬組合

 15日、川崎競馬場で行われた交流G3・スパーキングレディーカップは、1番人気に支持された川田将雅騎乗のファッショニスタが昨年のこのレース以来、1年ぶりとなる勝利で連覇を達成した。2着にはルメール騎乗のメイクハッピーが入った。

スパーキングレディーカップ、レース後ジョッキーコメント
1着 ファッショニスタ
川田将雅騎手
「無事に勝ちきってくれて何よりです。ハナを主張する馬がいたのでそちらに譲って、こちらは2番手に控えたんですけど、その後のリズムはとても良く追走出来ていたので、問題なく競馬を進めて行くことが出来ました。この馬の特徴を考えながらそういう競馬を組み立てました。底力のある馬ですので並ばれてからも今日は走る気をちゃんと出してくれてしっかりと走り切ってくれている分、最後少し前に出ることが出来ました。(今後も)気持ち一つだなと思います。沢山の支持をいただきまして、無事に期待に応えてファッショニスタ頑張ってくれましたので、また走る時に応援してあげてもらえたらなと思います。ありがとうございました」

2着 メイクハッピー
C.ルメール騎手
「外枠でしたが無理なく行き脚がついて、良いポジションが取れました。 終始手応えも良かったし、直線では逃げた馬を捕まえて先頭に立つことが出来ましたが、差されてしまいました。 この馬にとっては小回りのコーナーがきつかったですが、頑張ってくれました。 今日は勝った馬が一番強かったですが、今後重賞を勝てると思います」

3着 サルサディオーネ
矢野貴之騎手
「ハナにこだわっていました。船橋と違い若干リズムが悪かったですが、よく粘っていました。抵抗していました。展開次第でチャンスはあると思います」

【セレクトセール2020】2日間で187億6200万円の売り上げを記録

【スパーキングレディーC】ルメール「先頭に立つことは出来たが…」レース後ジョッキーコメント
【スパーキングレディーC】ルメール「先頭に立つことは出来たが…」レース後ジョッキーコメント

古川「前で決まる展開」

【スパーキングレディーC】ルメール「先頭に立つことは出来たが…」レース後ジョッキーコメント
(C)神奈川県川崎競馬組合

4着 メモリーコウ
古川吉洋騎手
「前で決まる展開になってしまったので、もう一列前で行きたかったのですが、前が早かったので行けなかったです。 その分だけ負けました」

5着 ワンダーアマービレ
長岡禎仁騎手
「スタートも良く、道中もロス無く上手に競馬をしてくれましたが、このような馬場だったので前が残ってしまいました。馬はとても良くなっていますし、着実に成長してい」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 15日、川崎競馬場で行われた11R・スパーキングレディーカップ(Jpn3・3歳上オープン・牝・ダ1600m)で1番人気、川田将雅騎乗、ファッショニスタ(牝6・栗東・安田隆行)が快勝した。3/4馬身差の2着に2番人気のメイクハッピー(牝4・美浦・新開幸一)、3着にサルサディオーネ(牝6・大井・堀千亜樹)が入った。勝ちタイムは1:40.9(不良)。

昨年のこのレース以来の勝利

【スパーキングレディーC】ルメール「先頭に立つことは出来たが…」レース後ジョッキーコメント
(C)神奈川県川崎競馬組合

 1番人気に支持された川田将雅騎乗のファッショニスタが、昨年に引き続きこのレースを連覇した。スタートから出していき、サルサディオーネを行かせて番手の位置でポジションをキープ。終始メイクハッピーにマークされる厳しい形だったが、ラストは自力が勝る走りだった。直線入り口からサルサディオーネ、ファッショニスタ、メイクハッピーが並ぶように激しい追い比べを繰り広げ、ゴール前でファッショニスタがねじ伏せるように抜け出した。

ファッショニスタ 21戦7勝
(牝6・栗東・安田隆行)
父:ストリートセンス
母:アクアリスト
母父:Coronado’s Quest
馬主:ゴドルフィン
生産者:ダービー・ジャパン・ファーム

【全着順】
1着 ファッショニスタ
2着 メイクハッピー
3着 サルサディオーネ
4着 メモリーコウ
5着 ワンダーアマービレ
6着 サラーブ
7着 マルカンセンサー
8着 ピコタン
9着 フラワーオアシス
10着 ナムラアヴィ