【JDD】レーン「ずっとバランスが…」カフェファラオはまさかの7着敗退

 カフェファラオはまさかの7着に敗れた。内枠からのスタートで終始内でプレッシャーを受ける競馬で、勝負どころでは早々にムチが入る厳しい展開に。手応え劣勢で徐々に遅れを取ると、掲示板にも載れずの7着に敗れ去った。

7着 カフェファラオ
D.レーン騎手
「1コーナー手前でタイヤの跡に反応して、逆手前でコーナーに入るミスステップが響いた。それに今まで経験したことがないキックバックにも反応して、ずっとバランスが取れなかった」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 8日、大井競馬場で行われた11R・ジャパンダートダービー(Jpn1・3歳オープン・ダ2000m)で6番人気、坂井瑠星騎乗、ダノンファラオ(牡3・栗東・矢作芳人)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にダイメイコリーダ(牡3・栗東・森田直行)、3着にキタノオクトパス(牡3・美浦・高木登)が入った。勝ちタイムは2:05.9(重)。

 1番人気でD.レーン騎乗、カフェファラオ(牡3・美浦・堀宣行)は7着、2番人気で幸英明騎乗、ミヤジコクオウ(牡3・栗東・川村禎彦)は5着敗退。

【JDD】池添謙「勝ち馬にぴったり来られた」レース後ジョッキーコメント

交流G1初制覇

【JDD】レーン「ずっとバランスが…」カフェファラオはまさかの7着敗退

 ファラオはファラオでもダノンファラオの方だった。ダノンファラオは積極的なレース運びで2番手の位置で逃げ馬を意識しながらの展開で、勝負どころから逃げたダイメイコリーダと後続を突き放すように追い比べに持ち込んだ。直線では完全に一騎打ちの様相で直線半ばから抜け出し、1馬身3/4差をつけてゴールした。圧倒的1番人気に支持されたカフェファラオは、4コーナーで既に手応えも怪しくまさかの7着に敗れた。

ダノンファラオ 8戦3勝
(牡3・栗東・矢作芳人)
父:American Pharoah
母:クリスプ
母父:El Corredor
馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ダノンファラオ
2着 ダイメイコリーダ
3着 キタノオクトパス
4着 ブラヴール
5着 ミヤジコクオウ
6着 エメリミット
7着 カフェファラオ
8着 バーナードループ
9着 コージーサンラッド
10着 リコーシーウルフ
11着 ガミラスジャクソン
12着 フルフラット
13着 ゴールドボンバー