【新馬/福島6R】ミスズグランドオーが7馬身差デビューV

 4日、福島競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(ダ1150m)で2番人気、田辺裕信騎乗、ミスズグランドオー(牡2・美浦・伊藤圭三)が快勝した。7馬身差の2着にマイネルレスペト(牡2・美浦・松山将樹)、3着にトランザクト(牡2・美浦・武藤善則)が入った。勝ちタイムは1:08.5(不良)。

 1番人気で戸崎圭太騎乗、バクシン(牡2・美浦・斎藤誠)は、6着敗退。

【新馬/福島5R】バイシクルキックが3馬身差デビューV

【新馬/福島6R】ミスズグランドオーが7馬身差デビューV
【新馬/福島6R】ミスズグランドオーが7馬身差デビューV

サウスヴィグラス産駒

 2番人気に支持された田辺裕信騎乗のミスズグランドオーが7馬身差で圧巻のデビュー勝ちを飾った。レースは大きく縦長の展開となり、番手の位置で手応え良く流れに乗ると、直線入り口でもまだまだ余裕のある手応えで進出。軽く仕掛けられるとあっという間に後続を突き放して、終わってみれば7馬身差の圧勝。このメンバーでは力が1枚上だった。

ミスズグランドオー 1戦1勝
(牡2・美浦・伊藤圭三)
父:サウスヴィグラス
母:スズカシャンティー
母父:Giant’s Causeway
馬主:永井啓弍
生産者:グランド牧場