【水沢・栗駒賞】注目馬情報

水沢信用金庫杯
第32回 栗駒賞(M3・3歳上オープン・ダ1400m)
7月5日(日)18:10発走
水沢競馬場

 1989年に創設された栗駒賞はアラブ特別で実施されていましたが、2000年に東北三県交流へ。さらに2001年から東日本交流へ昇格し、クラスターカップへの最終決戦に位置付けられました。その後、開催時期などの変更がありましたが、2016年から岩鷲賞トライアルへ移行。1着馬に優先出走権が与えられ、ラブバレットが4年連続優勝の偉業を果たしました。

【岩手競馬】大通場外発売所における発売・払戻を再開

【注目馬情報】
★アキトクレッセント
中央ダート1400mで6勝マークして2017年の武蔵野ステークスでも3着を確保しました。その後、東海3戦1勝を経て岩手入り。今回は2ヵ月半ぶりの実戦ですが、実績文句なし。転入初戦を重賞制覇で飾るか注目。

★ロジストーム
岩手では白嶺賞を皮切りに、赤松杯、シアンモア記念、絆カップとマイル重賞を4勝。1400m戦は久々ですが、南関東時代2戦2勝と勝率100%。今季赤松杯8着、シアンモア記念4着の雪辱を果たしたいところです。

★タイセイブラスト
中央ダート1800m1勝から南関東へ移籍。1600m5勝、1500m1勝をあげB1に在籍しました。転入2戦目の早池峰SSは6着でしたが、前後して水沢1300m戦で2戦2勝。1400m延長も大歓迎です。

★プレシャスエース
中央ダート1200m3勝、ダート1000m1勝。3勝クラスから岩手へ新天地を求めてきました。初戦は自慢のスピードを前面に逃げの手に出ましたが、0秒1差3着。コース2度目で今度こそ逃げ切りを決めるか。

※岩手県競馬組合発表による