M.デムーロが騎乗停止、東京12Rにおける制裁

 21日、東京競馬場で行われた第12Rで、16番セイウンパワフル号(M.デムーロ騎手)は、4コーナーで内側に斜行したため、5番マーヴェラスクイン号(内田博幸騎手)、3番カレンピピ号(杉原誠人騎手)、1番パンドラフォンテン号(石川裕紀人騎手)の進路が狭くなった。

WIN5は245票!武豊ダイアトニックが重賞2勝目

 この件について、16番セイウンパワフル号が外側に逃避しようとするところを修正した際に、内側に動かれたことも一因と認め、M.デムーロ騎手は、7月4日(土)から7月5日(日)まで2日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による