【ユニコーンS】レーン「2番手につける考えはなかった」カフェファラオが無傷の3連勝

(C)スポニチ

 21日、東京競馬場で行われたG3・ユニコーンステークスは、1番人気に支持されたレーン騎乗のカフェファラオが圧勝した。全くライバルを寄せつけずという走りで同世代の中では国内に敵なし。ダート重賞の登竜門をあっさりと勝利して、国内G1を総なめしていく可能性は十分にある逸材が現れた。

ユニコーンステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 カフェファラオ
D.レーン騎手
「良いスタートを切れましたが、すぐ2番手につける考えはなかったです。最初で脚を使ってしまいましたが、ペースがゆっくりとなったので良かったと思います。直線に入ってからもリラックスしていて、残り300mからの反応は素晴らしかったと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 21日、東京競馬場で行われた11R・ユニコーンステークス(G3・3歳オープン・ダ1600m)で1番人気、D.レーン騎乗、カフェファラオ(牡3・美浦・堀宣行)が快勝した。5馬身差の2着にデュードヴァン(牡3・美浦・加藤征弘)、3着にケンシンコウ(牡3・美浦・小西一男)が入った。勝ちタイムは1:34.9(稍重)。

 2番人気でC.ルメール騎乗、レッチェバロック(牝3・美浦・藤沢和雄)は、9着敗退。

【函館スプリントS】武豊「スプリント能力は高い」ダイアトニックが完勝

【ユニコーンS】レーン「2番手につける考えはなかった」カフェファラオが無傷の3連勝
【ユニコーンS】レーン「2番手につける考えはなかった」カフェファラオが無傷の3連勝

アメリカンファラオ産駒

 1番人気に支持されたダミアン・レーン騎乗のカフェファラオが圧倒的な走りを見せた。大外枠から好スタートを決めて、2番人気の逃げたレッチェバロックをマークするように番手のポジションへ。終始楽な手応えで直線入り口でも持ったままで進出。スパートを開始すると後続をグングンと突き放して流すようにゴールした。終わってみれば5馬身差と強豪各馬をまったく寄せつけなかった。

カフェファラオ 3戦3勝
(牡3・美浦・堀宣行)
父:American Pharoah
母:Mary’s Follies
母父:More Than Ready
馬主:西川光一
生産者:Paul P. Pompa

【全着順】
1着 カフェファラオ
2着 デュードヴァン
3着 ケンシンコウ
4着 サンダーブリッツ
5着 キタノオクトパス
6着 フルフラット
7着 キッズアガチャー
8着 サンライズホープ
9着 レッチェバロック
10着 メイショウベンガル
11着 ラブリーエンジェル
12着 オーロラテソーロ
13着 タガノビューティー
14着 マカオンブラン
15着 サトノラファール
16着 アポロアベリア