【サンタラリ賞】サヴァランは5着

(C)Yasufumi Sawada

 現地14日、フランスのシャンティイ競馬場で行われたサンタラリ賞(3歳牝・G1・芝2000m・7頭立て)に、吉田照哉氏(社台ファーム代表)と松島正昭氏(キーファーズ代表)が共同で所有するサヴァラン(牝3・仏・A.ファーブル)が、P.ブドー騎手で出走し5着に敗れた。勝ったのはクリスチャン・デムーロ騎乗のタキール(牝3・仏・J.ルジェ)。

【次走報】サヴァランはペネロープ賞へ 全兄にジェニアル

【サンタラリ賞】サヴァランは5着
【サンタラリ賞】サヴァランは5着

次走はディアヌ賞を予定

 レースではスタートでやや後手を踏み後方から進んだが、道中最内を通って3番手まで押し上げた。直線では馬群を割るように上手くすり抜けて来たが、追い比べで徐々に遅れをとり5着入線に終わった。この後は最大の目標であるディアヌ賞(7月5日・シャンティイ・G1・芝2100m)へ向かう予定。

 サヴァランは、父ディープインパクト、母サラフィナという良血の社台ファーム生産馬。昨年10月、凱旋門賞(仏G1)当日の2歳牝馬限定G1・マルセルブサック賞では武豊騎手とコンビを組んで7着となっていた。