武藤雅が騎乗停止、東京7Rにおける競走中止・制裁

 13日、東京競馬場で行われた第7Rで、14番シセイニシキ号(伊藤工真騎手)は、外側に斜行した1番ココニアル号(武藤雅騎手)に触れてつまずき、騎手が落馬したため、4コーナー手前で競走を中止した。

馬:異状なし
騎手:異状なし

高橋義忠調教師 JRA通算200勝達成!

 この件について、14番シセイニシキ号が内側にわずかに動いたことも一因として認め、武藤雅騎手は、6月27日(土)と28日(日)の2日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による