【京都5R】メイショウベンガルが7馬身差圧勝!

 31日、京都競馬場で行われた5R・3歳1勝クラス(500万下・ダ1400m)で8番人気、幸英明騎乗、メイショウベンガル(牡3・栗東・松永昌博)が快勝した。7馬身差の2着にディーズローリエ(牝3・栗東・岡田稲男)、3着に1番人気のソプラドール(牝3・栗東・安田隆行)が入った。勝ちタイムは1:24.4(良)。

 2番人気で岩田望来騎乗、サンオブロジータ(せん3・栗東・松田国英)は、12着敗退。

【東京5R】伏兵サンダーブリッツが差し切る

クロフネ産駒

 8番人気に支持された幸英明騎乗のメイショウベンガルが他馬を圧倒して嬉しい2勝目を飾った。レースでは外目の枠からダッシュ良く先行すると4番手の位置で進む形に。直線では回転の良いフットワークで抜け出しを図り後続を突き放すと、グングン伸びていき終わってみれば7馬身差と力の違いを見せた。

メイショウベンガル 7戦2勝
(牡3・栗東・松永昌博)
父:クロフネ
母:キンショーオトヒメ
母父:マーベラスサンデー
馬主:松本好雄
生産者:多田善弘