【フォンテーヌブロー賞】ヘルタースケルターが6着 ルジェ師「前残りと馬場」

ヘルタースケルター (C)Yasufumi Sawada

 11日、仏ロンシャン競馬場で行われた第5レース・フォンテーヌブロー賞(G3・芝1600m)に、松島正昭氏(キーファーズ代表)が所有するヘルタースケルター(牡3・仏・J.ルジェ)が出走。C.デムーロ騎手が騎乗して6着となった。

 レースは8頭立てで行われ、ヘルタースケルターはゲートの出がやや悪く最後方からじっくりと行く形に。終始最後方で脚を溜めて直線に向くと、大外からスパートを開始。ラストまでしっかりと脚は使ったが、ゆったりとしたペースに前も止まらず6着にとどまった。

【次走報】サヴァランはペネロープ賞へ 全兄にジェニアル

ルジェ師「前残りと馬場」

 ヘルタースケルターを管理するルジェ師は「馬は大丈夫です。前残りと馬場(重馬場)もこの馬にはベストではなかった。とレースを振り返った。また、「攻め馬を強化して次の仏2000ギニーではもっと良い競馬をさせたい」と意気込みを語った。同馬は昨年の凱旋門賞デーで、G1・ジャンリュックラガルデール賞(5着)に武豊騎手で出走し、昨秋以来のレースだった。