【水沢・留守杯日高賞】ボンボンショコラが優勝!

(C)岩手県競馬組合

 26日、水沢競馬場で行われた11R・留守杯日高賞(ダノンシャーク賞・M1・3歳牝・ダ1600m)で1番人気、山本聡哉騎乗、ボンボンショコラ(牝3・浦和・小久保智)が快勝した。2馬身差の2着にレッドカード(牝3・北海道・林和弘)、3着にキクノナナ(牝3・兵庫・田中一巧)が入った。勝ちタイムは1:43.8(稍重)。

 2番人気で関本淳騎乗、ミステリーベルン(牝3・川崎・鈴木義久)は、4着敗退。

【水沢・留守杯日高賞】ボンボンショコラが優勝!
(C)岩手県競馬組合

■勝利騎手コメント 山本聡哉騎手
「南関東でもハナを切れるだけのスピードがある馬ですのでここでは速かったですね。初めてのコースですし、これまで一緒のレースで見ていて最後少し止まり気味になる印象もあったので、あまり気持ち良く行かせすぎないように、集中力を切らさないように心がけました。スピードがある馬で気性も真面目なので安心して乗っていられましたね。大変な時期ですが精一杯乗りますので、ファンの皆さんも応援をよろしくおねがいします」

■2着レッドカード 鈴木祐騎手
「3コーナーあたりでの手応えが良かったので並びかけられるかもと考えたのですが、勝ち馬が一枚上手でした。距離はもっと伸びたほうが戦いやすいのではと思います」

■3着キクノナナ 陶文峰騎手
「時計がかかる馬場が合う馬で脚も使うと聞いていたので、あまり早く仕掛けないようにしました。もっとペースが速くなるかと思っていたのですが意外に落ち着いた。でもこれくらいのペースが良かったのでは。乗りやすい馬でした」

ボンボンショコラ 5戦2勝
(牝3・浦和・小久保智)
父:ノーザンリバー
母:ベネラ
母父:フォーティナイナー
馬主:田頭勇貴
生産者:武田牧場