【水沢・留守杯日高賞】注目馬情報

留守杯日高賞(ダノンシャーク賞・M1・3歳牝・ダ1600m)
4月26日(日)18:00発走
水沢競馬場

 留守杯日高賞は2001年に創設。2010年から“GRANDAME-JAPAN2020”3歳シーズンに組み込まれ、シリーズ第5弾。3歳ヒロインの座を目指します。また今年度、岩手競馬は3歳牝馬重賞・OROオータムティアラを創設し、牝馬も三冠体系を確立。留守杯日高賞が牝馬クラシック一冠目に位置付けられました。今年は遠征馬4頭、迎え撃つ岩手8頭の計12頭で争います。

【注目馬情報】
★ボンボンショコラ(浦和)
叔父サウスヴィグラス譲りのスピードが身上。デビュー戦の東京ダート1400m戦で鮮やかな逃げ切りを決めました。2戦目5着後に南関東へ移籍。2戦4着でしたが、今回は相手が緩和。初重賞制覇が目前に迫りました。

★ミステリーベルン(川崎)
フローラルカップ(門別)、金沢シンデレラカップと重賞2勝。名古屋遠征・若草賞は2か月半ぶりの実戦もこたえて2着でしたが、ひと叩きされて上昇気配。距離1600mを味方に逆転をもくろみます。

★レッドカード(北海道)
門別1200mで2勝目をマークし、牝馬重賞・ブロッサムカップで2着を確保。ただ1頭だけ休み明け初戦ですが、乗り込みは万全。500キロ前後の大型牝馬で伸びしろ十分。今年は飛躍の年になるか注目です。

★グラマラスマリー
中央6戦0勝から岩手初戦を驚異的なタイムで完勝。あやめ賞3着は不利が致命傷。発馬を決めたいところ。

★アンズビジン
大井から転入戦でトライアル・あやめ賞を積極的なレース運びで快勝。弾みをつけて重賞2連勝を狙います。