【福島牝馬S】和田竜「馬が充実」フェアリーポルカが完勝

(C)スポニチ

 25日、福島競馬場で行われたG3・福島牝馬ステークスは3番人気に支持されたフェアリーポルカが前走の中山牝馬ステークスに続いて重賞2連勝のゴールを決めた。2着、3着馬に人気薄が入り、3連単227万円の大荒れ。

福島牝馬ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 フェアリーポルカ
和田竜二騎手
「せっかく来たんですけどお客さんいなくて残念でしたけども、本当に馬の力を信じたので勝負になると思って来ました。(発走が遅れた影響は?)大人しい馬なので全然大丈夫でしたね。いつも通りのスタートも良いですし、自分のリズムで行ければと思っていましたので。外を回り過ぎるとちょっと甘くなってしまう馬なので、内でさばければなと思っていたんですけど、ちょっと苦しいところに入ったんですけど馬が力があるので大丈夫でした。2走くらい前から瞬発力も付いてきたので、こっちが思っている以上に良い脚を使えるようになってきましたし、馬が充実してきていると思います。ここに来て本当に力を付けてきているのも結果も出ていますし、どんな競馬も出来ますので、この先どこまで行ってくれるか。距離的にはこの辺が良いとは思うんですけども、まだ選択肢も色々ありますので楽しみにしています。(あと1勝で1300勝については?)一つ一つ大事にして、今日も良い馬に沢山乗せてもらったんですけど、ちょっと今まで結果出なかったので、メインレースで勝てたので、まだ最終もありますしね、また頑張りたいと思います。関係者も馬も一生懸命走ってますし、声援は届いてますのでね、僕らは一生懸命乗るだけなので。また一喜一憂してもらえればなと思います。」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 25日、福島競馬場で行われた11R・福島牝馬ステークス(G3・4歳上オープン・牝・芝1800m)で3番人気、和田竜二騎乗、フェアリーポルカ(牝4・栗東・西村真幸)が快勝した。3/4馬身差の2着にリープフラウミルヒ(牝5・美浦・相沢郁)、3着にランドネ(牝5・栗東・角居勝彦)が入った。勝ちタイムは1:46.8(良)。

 1番人気で池添謙一騎乗、エスポワール(牝4・栗東・角居勝彦)は12着、2番人気で柴田善臣騎乗、デンコウアンジュ(牝7・栗東・荒川義之)は13着敗退。

藤田菜七子がJRA通算100勝達成!

ルーラーシップ産駒 フェアリーポルカ

 3番人気に支持された和田竜二騎乗のフェアリーポルカが見事な重賞2連勝を決めた。レースでは後方からじっくりと脚を溜めるかたちに。団子状態の馬群の中を手応え良く進み、勝負どころでも上手く捌いてロスなくポジションを上げていった。4コーナーでも捌きはお見事で、直線では馬場の三分どころからあっさりと抜け出し、着差以上の完勝劇だった。2着に13番人気、3着に15番人気が飛び込み、3連単227万8000円の大荒れの結果となった。

フェアリーポルカ 10戦4勝
(牝4・栗東・西村真幸)
父:ルーラーシップ
母:フェアリーダンス
母父:アグネスタキオン
馬主:山本剛士
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 フェアリーポルカ
2着 リープフラウミルヒ
3着 ランドネ
4着 カリビアンゴールド
5着 サラキア
6着 レッドアネモス
7着 フィリアプーラ
8着 リュヌルージュ
9着 マルシュロレーヌ
10着 ハーレムライン
11着 アロハリリー
12着 エスポワール
13着 デンコウアンジュ
14着 ショウナンバビアナ
15着 ダノングレース
16着 モルフェオルフェ