【武豊日記】正直不便を感じています

 たとえ無観客競馬でも、競馬を続けさせてもらっていることに感謝の気持ちを忘れてはいけないと思っています。とはいえ、調教の現場にも取材陣の数がめっきり減り、いつもの華やかな春のG1シーズンの風景とはかけ離れていることに淋しさを感じてしまいます。

【武豊日記】週末の貴重な娯楽としての競馬に全力を

 馬と騎手の移動をできるだけ少なくということで、東西間の行き来を馬も人も絞っているのが現状。ボクら騎手にとっては、土日同じ競馬場で乗らなくてはいけないというシバリがあって、正直不便を感じています。特に5月は東京でのG1が続くため、土曜日の京都に大事なレースがあったとしても諦めざるを得ない形。決定の趣旨は理解するところですが、G1については幅をもたせてほしいというのが本音です。

 来週の天皇賞に、キセキという有力の依頼をいただきました。先週はゲート再審査に騎乗し、今週は1週前の追い切りにも。先週より今週のほうが明らかに上向いており、やっぱりいい馬だなと思いました。気難しさは当然秘めているのでしょうが、そこはいいイメージで馬に向き合うつもりです。

(C)武豊オフィシャルサイト