【アーリントンC】石橋脩「新馬の時から能力が高いと思っていた」タイセイビジョンが重賞2勝目

(C)スポニチ

 18日、阪神競馬場で行われたG3・アーリントンカップは、1番人気に支持されたタイセイビジョンが最内を突いて突き抜けた。朝日杯2着の実績は伊達ではなく、2馬身差の完勝。このメンバーでは力が1枚上だった。

1着 タイセイビジョン
石橋脩騎手
「馬込みの中でも折り合えるように調教してくれました。最後は間でも割って来れればなとイメージしていました。(最内をついたのは?)外に出していけるならそっちの方がが良いかなと思っていましたが、そこは瞬時の判断でした。新馬の時から能力が高いなと思っていましたし、その後も良いレースをしていたので、またこうして乗せて戴いたので何とかチャンスを生かしたいと思っていました。G1に行けると思うので頑張って欲しいですね」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 18日、阪神競馬場で行われた11R・アーリントンカップ(G3・3歳オープン・芝1600m)で1番人気、石橋脩騎乗、タイセイビジョン(牡3・栗東・西村真幸)が快勝した。2馬身差の2着にギルデッドミラー(牝3・栗東・松永幹夫)、3着にプリンスリターン(牡3・栗東・加用正)が入った。勝ちタイムは1:34.3(稍重)。

 2番人気で川田将雅騎乗、トリプルエース(牡3・栗東・斉藤崇史)は、5着敗退。

【中山グランドJ】石神「ホッとしています」オジュウチョウサンが5連覇

朝日杯2着の実績馬

 1番人気に支持されたタイセイビジョンが重賞2勝目を飾った。スタートではやや後方となったが、落ち着いて後方集団で折り合いをつけてじっくりと構えた。馬群を上手く捌きながら勝負どころから内を狙って進出。ラチ沿いから一気の伸び脚を発揮すると、そのまま突き抜けての完勝だった。

タイセイビジョン 5戦3勝
(牡3・栗東・西村真幸)
父:タートルボウル
母:ソムニア
母父:スペシャルウィーク
馬主:田中成奉
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 タイセイビジョン
2着 ギルデッドミラー
3着 プリンスリターン
4着 ボンオムトゥック
5着 トリプルエース
6着 ジュンライトボルト
7着 リインフォース
8着 チュウワノキセキ
9着 グランレイ
10着 ロードベイリーフ
11着 デュードヴァン
12着 ノルカソルカ