2020クイーンエリザベスステークス(G1)日本馬の近況(4月7日(火))

 4月11日(土)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスステークス(G1)に出走予定のダノンプレミアム号(牡5・栗東・中内田充正厩舎)の調教状況および関係者コメントは下記の通り。

2020クイーンエリザベスステークス(G1)の出馬表が確定

●クイーンエリザベスステークス(G1・芝2000メートル)
○ダノンプレミアム号(牡5・栗東・中内田充正厩舎)
本日の調教状況
カンタベリー競馬場
芝コース 2周半(速歩からキャンター)
速歩で1周半した後、単走で徐々にペースを上げて直線で仕掛ける
猿橋照彦調教助手が騎乗

猿橋照彦調教助手のコメント
「今日の調教の動きには満足しています。我慢するところは我慢出来ましたし、合図を出してからの反応も良かったです。精神的に落ち着いていて良い状態をキープしています。3番ゲートに決まりましたので、レースの組み立てや作戦についてこれから調教師や騎手と相談しながら、最高の結果を出せるようにしたいです」

※JRA発表による